北海道製菓専門学校

通信課程 C-net 資料請求・お問い合わせ

学校紹介

スイーツ&パン&カフェ

スイーツ王国北海道。その中心都市札幌でも、特に緑が豊かな南区に北海道製菓専門学校があります。
札幌市南区にはスイーツやパンに欠かせないフルーツを育てる果樹園が数多くあり、まさにスイーツ王国のど真ん中です。そんな恵まれた環境の中で豊かな「食材」を、おいしい「商品」へと創り上げるプロセスが学べます。

教育実践店舗「スイーツ工房」から始まる「プロ」への第一歩

本校の特色・カリキュラム

企画・製造・販売、トータルに学べる学生たちの店「スイーツ工房」

スイーツ工房では、学生たちにより、企画、製造、販売の工程を学びます。また、「売る」ということを意識したときに商品づくりだけを行うのではなく、じぶん自身のスペシャリテの考案や接客の心構えなども身につけることで多角的に需要と供給を察知することができる人材を目指します。

スイーツ工房「マカロン」
スイーツ工房マカロン~店舗実習

じぶんたちで考え、心を込めて製造したスイーツをお客様に販売するためのショップが、校舎に隣接する「スイーツ工房マカロン」です。

【企画】市場を理解した商品企画をする。

作りたい商品を作るのではなく、市場のニーズをマーケティングしたうえで商品構成を行います。売上予測とコストのバランスを考え、製造数を確定します。

【製造】最も重要なことは「衛生」。

美味しいだけでは商品として販売できません。「安全で美味しい」という条件を満たしているか、厳しい審査を通過した商品のみ店舗に並べられます。

【販売】商品の価値を高める接客

ご来店いただいたお客様に対し、誠意のある接客こそ商品価値を高めるものです。本校では作るだけではなく、お買い上げいただくための接客方法も授業内で学びます。

ネイチャー授業
自然豊かな立地だからできる。

ビルに囲まれた都会の雑踏では決して体験することができない「自然体験型実習」が、このネイチャーカフェ授業です。屋外に設置された「石造りのピザ窯」を使っての実習や、とれたて果実を使った「ジャム作り」、天然の薪を用いて行う「燻製作り」など、藻岩山のふもとに立つ宮島学園北海道製菓専門学校ならではの授業です。

ハイパーゼミナール
写真で自慢できるおしゃれスイーツづくり

今やスイーツやパンは美味しいだけでなく写真映えのする「見た目」にもステキであることが要求されます。
SNSで情報が発信されることが広告に変わる今だからこそ、フォトジェニックなワンランク上のスイーツづくりが必要です。
ハイパーゼミではそんな見た目にも楽しいかわいい、すてきなスイーツづくりにチャレンジします。

マイスター大会
基本技術の徹底した習得を確認する。

製造技術の基本をマスターしてるかどうかを自己確認する基礎技術を競う大会が、「マイスター大会」です。洋菓子、製パン、和菓子のカテゴリーごとに技術項目が決められ、段階的にスキルアップ度が確認できるようシステム化しています。基本技術の徹底した習得は、基礎を大切にする北海道製菓専門学校ならではのこと。基本が身についているから、プロとしての第一歩が確かなものになります。

ジョブトレーニング
基本となる製菓技術のスキルアップ。

就職前に、プロとしての第一歩を確かなものとするために、習得した基本技術を確認し、プロとしてのスピード感や社会人としてのマナーを身につける本校の独自授業です。

チョークアート
チョークアートの第一人者に学ぶ。

カフェやレストランなどで宣伝や営業案内に用いるチョークアート。メニューボード出会ったりお店の看板であったり、描かれている内容はさまざまでも、アイキャッチとしての効果や、お店の雰囲気を表すものとして、なくてはならないものになっています。本校では、北海道をベースに第一人者として活躍しているチョークアーティストを講師に招き、授業を行っています。